本校について

-開智望キャンパスの教育理念-

世界の人々や文化を理解・尊敬し、

平和で豊かな社会を創るために貢献できる人材の育成

教育目標(学習者が主体的な学びを通して目指すもの)

1.違いを認め合い、自分の得意分野や独自性を見つけ伸ばす

2.目標を高く持ち、その志に向かって、努力、行動する

3.人の為、社会のために学び、専門分野で貢献できる学力をつける

◇ 教育目標達成のための学び方

探究型の学び主体的に取り組み、自分の得意分野を深化させながら、多様な仲間との関係性を通じ皆で学ぶ力他者を思いやる力を醸成し、社会との繋がりの中で協働的に学び豊かな未来を創る力を身につける

教育目標を達成するための3つの観点

1.主体性(志を高く、主体的に学ぶ)

探究を通して志を高く自分の好きな事、得意なことに取り組み、興味や関心を深め、専門分野で活躍するために主体的に学ぶ

 

2.多様性(人とのかかわりで志を高く学ぶ)

多様な仲間との関わりの中で幅広く学び、思いやりや公正さなど豊かな心を育み、教科横断の学びを通じて幅広い教養を身につける

 

3.協働性(社会や世界との繋がりを基に、皆で学ぶ)

社会や世界との繋がりを通し、協働しながらより深く学び、豊かな未来を創るために多くの仲間と共に考え行動する

教育方針(学校・教師が目指す教育のあり方)

授業

教師の指示をもとに、児童が主体的に自ら考え、活動、探究、発信し、自己評価できる授業の創造

行事

教師の助言をもとに、児童主体の実行委員会が企画、準備、運営し、主体的に活動する行事の創造

学校生活

学習者像などの意味・意義を自分で考え、自分で決め、自分の責任で行動できる学びの創造

+自分で守る

開智望キャンパスの教育の方向性と学びの重点

世界でトップレベルな日本の知識教育と、

未来を見据えた新しい世界標準の教育を融合した、新しい開智型教育を推進する

1.学習者の主体的な学びの推進(探究)

探究型授業、フィールドワーク、探究型行事を通し、学習者が主体的に学ぶことを支援し、「創造力」「発信力」「思考力」を育成する教育の推進

 

2.新しい時代に対応した学びの想像と実践(ICT)

ICTを駆使した新しい学びを開発し、劇的に変化する情報技術や社会の変革に対応できるスキル教育の推進と21世紀型学力の養成

 

3. 世界の学びの融合とその開発と推進(英語)

日本の教育と開智の学びをベースに、世界のより良い教育を取り入れ、日本語で高度な思考ができ、英語でコミュニケーションできる能力の育成