フィールドワーク

小学校から継続して実施するフィールドワーク(宿泊学習行事)では、実社会とつながる学びとして、自分たちが培ってきた知識・スキルをツールとして、様々な場所で学びを深めます。

 

フィールドワーク当日の学びももちろん大切ですが、何より大切な事前学習は約1ヶ月以上前からはじまります。現地で充実したフィールドワークができるよう、事前に教室にいながら得ることのできる情報をリサーチし、先行知識として獲得します。テーマに沿って理解を深める中で、もっと知りたいこと、現地でしか手に入れられないことに対する問いを立て、問いにおける自分の答え(仮説)を持って、現地の活動に向かいます。


現地では、主体的・積極的にフィールドワークを行い、夜には宿舎で考察・振り返りを行います。このプロセスを繰り返し、学校に戻った後には、事後学習として、学びを行動に移します。問題解決に向けた行動、対象地域に対する貢献活動を通じて、目指す学習者像に近づくきっかけとなる活動です。

6年生のフィールドワーク

「災害・復興・防災」

6年生(小6)では、東日本大震災に関連する地域に訪問します。
2年前には岩手県釜石市(ラグビーワールドカップ開催年度)、1年前には福島県(新型コロナウイルス感染拡大の影響により近郊にて実施)でフィールドワークを行いました。

事前に訪問する地域については様々な教科を通して事前学習を行いました。例えば、理科の時間に自然の様子について確認し、英語の時間に地域から海外の方に向けて発信されているコンテンツを調査し、総合の時間に現地での訪問先についての事前調査を行うなどです。入念な事前準備の上、興味を持った点や現地でしか確認できないことを生徒それぞれが疑問として用意しました。
当日の行程では、現地だからこそ見られる・聞くことができる生の様子に触れて、関わる人々の声を実際に聞き、じっくりと自分ごととして捉えながら考える時間を設けました。自分たちが理解したことを、事後学習としてLEGOで表現したり、ボランティアの方のワークショップを受けたり、自分たちで学校付近の地域を回って防災地図を作ったりして、自分たちの未来の行動につなげました。

7年生のフィールドワーク

「環境・芸術・まちづくり」

7年生(中等1)では、環境・芸術・まちづくりをテーマにフィールドワークを行います。
「環境」そのものは、どんな場所においても周囲に影響を及ぼすことがありますが、中でも特徴的に影響がある地域において、地域が抱える問題を解決できる「まちづくり」に貢献することを目指します。その中で芸術(ART)の要素を取り入れたり、ARTによってもたらされている結果について調べたりしながら、探究を進めていきます。今年度は、茨城県大洗町にてフィールドワークを行いました(新型コロナウイルス感染拡大の影響により近郊での実施)。
地域についての事前調査はもちろんのこと、事前学習として、かつて大洗でフィールドワークをされていた方や、芸術でまちおこしをされた企業の方から取組みについての実体験を伺いました。

また、2日目の終日を「完全生徒によるフィールドワーク」とし、自ら現地の方々にお話を伺ったり必要な場所を訪問して見学したりと、自分たちだけでフィールドワークを行いました。もちろん、どのようなお話を伺いたいか、どの場所に伺うかも事前に生徒同士の話し合いを通して定めています。

こうした経験を踏まえて、自分たちで地域を活性化させるイベントを考え、企画を実行しようと試みています。

8・9年生のフィールドワーク

「環境・気候・生産消費・平和・公正・教育・貧困」など

6・7年生のフィールドワークと同様に、8・9年生(中等2・3)のフィールドワークで取り上げていくテーマにおいては実社会とのつながりを意識し、自然科学領域と人文科学領域を含めた内容を盛り込み、両者の関係性をしっかりと捉えながら探究します。
学年が上がるにつれて探究の質が上がっていくことから、こうしたキーワードを含んだテーマに対して、その規模感があがり、内容が深まるイメージです。
例えば、気候の影響を大きく受ける地域における生産消費の特徴を理解し、地域の活性化のために後継者の教育について考えられる場所への訪問や、平和が関係する中心的な地域における環境の観点から地域の状況を分析し、貧困の意識や公正についてじっくり考えを深められる場所への訪問などがあります。
現地で探究できる時間を増やしながら、内容についての理解を深め、そのあとの具体的な行動につなげられる展開を生徒自身で創っていきます。

10年生のフィールドワーク

「地域における問題解決・貢献プロジェクト」

生徒自身がテーマを設定

10年生(中等4)では、これまでの学習によって培ったすべての知識・スキルを駆使し、自分たちで決めた地域における問題解決、地域に貢献できるアクションまでつなげたプロジェクト型の学習としてフィールドワークの実践を行います。
高い自由度の中で、学年全体で定めた目的と条件を考慮しながら、地域・テーマ・内容すべてを自分たちで考え、決めて、行動し、振り返るサイクルを回しながら、社会に貢献する人材としての大きな経験を積むことになります。

日本の学校ではなかなか積極的に学びとして触れることのない経済の部分もしっかりと意識し、自分たちの考える問題解決の実践に必要な経済的支援まで考えることで、経済教育の充実にもつなげていくことを想定しています。

11年生のフィールドワーク

海外の大学で「 Extended Essay / CAS Presentation & Discussion」

個人探究において、10年生で成果として残した「Personal Project」の内容をさらに進化させて取り組む「Extended Essay」と「Creatibity / Action / Service(CAS)」の2つのDPコア科目の内容について、海外大学の学生を相手に英語で説明・共有し、内容についてのディスカッションを行うことで、日頃の英語学習の成果を発揮するとともに自身の学びの洗練と貴重な経験による自信を獲得します。

こうした機会を設定することで、普段からの英語学習の目標設定としてモチベーションを高められるとともに、自らの興味関心から始まった学びを発信することの可能性に触れることができます。

フィールドワークがこの先の進路実現に向けた学習のエネルギーとなるよう、これまでの学びの集大成として全員が全力で取り組みます。